早苗ちゃん・・・これからは、いつも一緒よ〜〜♪


☆'*:'゜☆'*:'゜☆'*:'゜20歳で天国に旅立った娘(早苗)への思い出を綴って見ました・・・・☆'*:'゜☆'*:'゜☆'*:'゜





 
 
 
 
 
 
 
 
生まれてきてくれて有難う!

            あなたが生まれたのは、10日も予定日より遅かった
            のよ〜       
            心配していたけど・・・元気で生まれて来てくれたのね
            生まれて見ると首におへその緒が巻いてたのよ〜

            切って頂いたら元気な声で泣いたからホットしたの!
            女の子を待ち望んでいたので・・・とても嬉しかった。
            お宮参りも皆が祝ってくれたわね♪
 
 
 
 
幼稚園入園嬉しそうだったね!

            従兄弟の『健一君』覚えてる。。。。
            お母さんは『健ちゃん』って呼んでいるの
            久し振りに『健ちゃん』に会ったんだけど
            『早苗』の事覚えてくれていたよ〜〜

            縄跳びの二重跳びが凄く上手だったって
            カケッコも早かったよね
            ソロバン・ワープロ等検定試験に合格
            したもの頑張っちゃったね♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
病気になったの10歳だったね!

            あの時 学校から電話頂いたのよ!
            お母さんが、病院に駆けつけた時には
            あなたは、意識があるだけだったの
            病室に入った時・・・・

            (行って来〜ます)と半袖シャツと
            ショートパンツで駆けて行ったあの時
            とは、想像も付かない程の姿だったの
            お母さんが泣くものだから、先生から
            「泣かないで下さい!早苗さんは意識
            は有ります。お母さんが泣いててどう
            るの?しっかりして下さい」って

            「この一週間生きていられれ
            ば良い方でしょう」って
            我が家の青天の霹靂・生きる望みもなく
            悲しくて・苦しくて・悔しくて・・・
            あなたにはお話してないけど医師から
            もう治療する事もなく治る事は有りません
            (この子の将来の為にリハビリを続けて
            下さい)ですって・・自分の耳を疑ったよ

            あなたも全快すると信じていたから良い
            病院が有ると聞けば、診察受けたけれど
            大阪・姫路・三重・名古屋だったかしら
            中学校・高校はお母さんと二人で通学
              楽しかったd(^-^)ネ!


あれは何歳だったかしら?

            私(かすみ草)が好きなんだけど・・
            お母さんの好きな お花な〜〜に!
            お花は全部好きだけどバラが大好き!
            霞草じゃなくて綺麗なお花が沢山有る
            でしょ!

            う〜ん(私は、他人の魅力を、引き出し
            て上げるのが好きなんだ)って笑って
            たよね
            あの時あなたが、優しい女性に成長し
            ている事がとても嬉しかった。
 
             お母さん  何時も本当にありがとう
            私 自動車運転免許書取得しよと思う
            今度は私が助手席に乗せて上げるよ〜
            運転席に乗る練習から始めたでしょ♪
            じゃぁ〜練習しよう!いっぱい練習!

            手に血豆が出来てたけど・・・・
            自動車学校に二人で申し込みに・・・・
            コース眺めてたけれども、あなたの目は
            輝いていたよ〜

            あの日から15年経ってしまったわねぇ〜
            痛みの無い場所に行ってしまったんだね
            だって・・・とても綺麗なお顔してたもん!
            お母さんも悲しみが薄れた訳じゃないし・・

            そばにいてくれるだけで幸せだったんだ!
            又貴女と会える日まで頑張って行かなくちゃ
            いっぱい!いっぱい!話そうね♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年も、この時期が巡ってきたね。誕生日おめでとう。

            今日は…昨日になってしまったけれど
             僕にとってもかけがえのない日
            最後に君にあった日でもあったね…

           あれからもう12年になるんだね。幾つもの旅を僕は重ねて
           いろいろな人との出会いを重ねてきたけれど
           僕の生涯で君を超える出会いはないさ

           胸に君を抱いて、僕は進んでいける。
           あなたとの出会いは、僕にとって未来を拓く大切な出会いでした。
           だからこの日は、忘れない。忘れるはずはないよ。


In My Heart!・・・

            君とふたりで過ごしたときの空気凛とした時の流れが、
         たまらなく好きだった♪
        35回目の誕生日おめでとう

          早いものだね…
          君と最後に話せた日からもう15年経ってしまったんだ。
          一緒に出かけたお店も建て替えられたり
           消えてしまった店が多いけど 人の心は変わらないもの

          君との思い出の写真も ずっと部屋に飾ったままだよ〜
          君が心に灯してくれた灯りは今でも
          僕の心を照らし出していてくれるんだ。
          少しでも君の傍で暮らしたかったから
          僕は 実家を離れて この地で暮らしているんだ。

          どれだけ君の気持ちに報いることが出来るか
          それが僕の ずっと続いていく
          生きる意味 生きていく理由 そう思ってるんだよ〜

          またいつか会おう 話の続きをしよう
          時々あきれることがあるかもしれないけど
          見守っていてくれたなら うれしいな
           君のいない道の上 引き返しちゃいけないよな
          前を向いて進んでいくよ〜
                  (お友達 旅人さんから・・・)

 
 
同じ時代を・・・

           幾千もの時間や時代という縦糸と
           国や地域、生活空間などの横糸
         そして人それぞれの価値観や気分や様々な想い

           必然という名の出会い
          もしもあの時〜では、なかったら・・・・
          いろんなもしもを超えた揺らぎない現実がある。
          あなたと同じ時代を生きる事が出来て

          あなたに出会えて本当に良かった!!
          また いつか 同じ時代を生きて巡り逢おうよ〜
          あれから15年・・・・
          僕の胸には・・・今も
                  (2007.11.7 旅人さんから・・・)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繋いだ手!

           車を運転しながら視界が涙で曇る
           今年も忘れられない日が巡ってきた
           暑がりで寒がりな君
         それを知ったのは君に逢えなくなってしまってから
          あの頃の手紙の「暖かくなったら逢いましょう」で
          僕は君に逢う資格を失くしたように感じてた

          あの日、勇気を振り絞って君に逢いにいったんだ
           逢えて話せた嬉しさや心を灯した光
           ただ君の手を握りしめて託した想い
           あの時の君も
           何かを僕に託していたのかな
           あれが手を握り暖め合えた最後の日…

           あれから16年
           今を生きる僕を胸の奥で支えてる君
           雨に打たれ風に吹かれ波に飲まれても
           前を向いて僕は歩いている歩いていける

           出来るのなら あれこれ話したいな
          繋いだ手に託していた想いは僕に届いてますか
           そして君は 今の僕を どう見ているの

           いつか君が迎えに来てくれるのかな
           その時には せめて胸を張っていたいな
           あの頃のふたりで語り合えるかな
           その日まで
           君が繋いでくれた道を僕は歩いていくから
                  (2008.11.7 旅人さんから・・・)

Thank you!

 あなたに最後に会ったのは、あなたの生前最後となってしまった誕生日。暑がりで寒がりなあなたのことを知らなくて、分かってなくて、最後の手紙に書かれていた「…夏は暑いから、涼しくなってから会いましょう」という結びの言葉で勝手に傷ついていた。あなたに会う資格を失くしてしまった気がしてた。  だからあの日、勇気を振り絞って、あなたが入院する病室へ会いに行くことにしたんだ。  ただ…あなたの手を握るだけ。それが当時の自分自身に出来ることの精一杯だった。「温かい」っていうあなたの言葉。今でも心に残っている。

 「繋いだ手に、託していた想い」は、あなたに届いていたのかな?生前最後の誕生日から数日後、あなたは20歳の若さで逝ってしまったね…。通夜で掲げられた法事の告知で、並んだ四十九日と百か日の日付。それがあなたの答えなら…、僕の気持ちは届いていたのかな。  昨年のあなたの誕生日、ふと気になったことがある。それは、あの時あなたは逆に何かを僕に託していたのかな…?そして今の僕は、あの時のあなたの気持ちに応えられているのか…?その自問自答を繰り返している。

 30歳の誕生日が近づいた頃に、抱いていた危機感がある。「人生の契約書があったとして…もし、それが書き換えられていなかったとしたら…?」。  そんな危機感から、30歳を迎える前に会っておきたいと思い、2つの同窓会を主催して自分自身の人生のキーパーソン達に会っておいた。そして…天命を待ってみた。人生の契約書は新しい契約書へと書き換えられていた。

 明けて今日は、Salyuのライブに参加する。人生の過渡期2006〜2007年、なかなか次へのステップを踏み出せなかった自分自身を支え続けた曲があった。それはap bank fes'06で出会ったMr.Childrenの「彩り」という曲とBankband with Salyuの「to U」という曲。  Salyuというアーティストは、ap bank fes'06で初めて知った。その後アルバム「TERMINAL」を購入し、ソロライブにも参加して、アンコールで流れた「to U」で号泣した。  昨年のap bank fes'08で再びSalyuの生歌を堪能させていただき、今回が3回目のライブ参加となる。彼女は人生のキーパーソンというべき存在になってきていると思う。

 人生の契約書の更新を実感し、幾度もの誕生日を重ねてきた。今年の誕生日は、自分自身のきょうだいよりも先に、メッセージを届けてくれた存在があった。それが、あなたでした。2008年に出会ったあなたは、夢に向かって歩む大切さを思い出させてくれた。夢に向かっているのか、否か…。日常の生活が、自分自身の人生を幸せな方向へ向かわせているのか、否か…?そんな問いかけと実行の大切さを、あなたは教えてくれた。  あなたが道に迷った時に、手を差し伸べることができた。それは、あなたへの…言わば恩返しなんだ。そして、そのあなたからのメッセージは、また今の自分自身を強くさせている。

   その頃に出会いがあった。きっと自分の人生の中で、最大の出会い。この出会いがなければ、30代の「今」を生きる自分自身は、なかった。感謝の言葉を幾ら綴っても、その大きさや重さは表現し尽くせない。

   …なのに直接あなたに伝えることは、出来ない。何もしてあげることが出来ない。ただ出来るのは、生きること。自分らしく生きること。自分自身で、納得のいく人生を送ること。あなたの気持ちに応えることが出来るように生きていくこと。それしかない。  チャゲアスの曲で、CHAGEがメインの「crossroad〜今を生きる僕を〜」。この曲の世界が、今の自分自身の、あなたへの気持ち。時空を超えて、あなたに届いていて欲しい。同じ時代を、あなたと生きることが出来て良かった。心の底から、そう言える。そして…もうあなたと2度と今の人生では、同じ時代を生きれない。そのことが、どんな海溝よりも深く悲しい。                                  (2009.11.7 旅人さんから・・・・・・)
 
 
花に埋もれた早苗!

今日は最後のお別れです。
氷のように固く冷たく成っている早苗の顔に手を当てて
「さようなら 私達の早苗ちゃん」心のそこから別れを
告げました。
遊園地で怖がって泣いてばかりいた早苗・・・!

幼稚園で泣いて私を困らせた早苗、入学式の時の早苗
卒業式の時の早苗・・・次々といろんな時の早苗の顔が・・・
とうとう いよいよ早苗との最後のお別れになりました。
私は 天国へ行っても何不自由なく好きなものに囲まれて
暮らせるように早苗が気に入っていたものをいろいろいれ

ました。ひとりひとりが、早苗との別れを惜しんで下さり
早苗を花で埋めて下さったのです。私は早苗の為にこんな
に沢山の方がお別れに来て下さったのだと改めて知って、
嬉しさと感謝の気持ちで胸がいっぱいに成ってしまいました。

「早苗は、この世で幸せに生きていくには優しすぎる子
だったので神様があの子を幸せにするために天国に
お召しになったのだと思う事にしました。」


 
 
 
コスモスが満開のあの日だったね!

            優しかったあなたへ・・・・
            一生分の優しさをくれたあなたに感謝です。
            どんな時も周りの人を気遣う優しさが心に
            染みています。大勢の方に見送られて天国
            へと旅だって行ってしまいました。今度生まれて来る
            時は病気しらずの子供に生まれて来てほしいの!

            あなたの事だから、きっと皆さんに感謝していると
            思います。多くの人に愛されていたあなたは、短い人
            生を一生懸命歩いたのね♪「立派だった」って褒めて
            やりたい。良く頑張ったね。

            あなたは、幸せでしたか?
            あなたが、授かったその日からとてもしあわせでした。
            優しく微笑むあなたが、私の心の中にいます。


 
 
 
メール頂戴!!待ってるよ・・・

            そうそうお母さんね 先日早苗の所に行った時
            携帯電話を置いて来たんだけど気付いてくれた?
            兄ちゃんに もしお母さんがいなくなったら
            この携帯一緒に入れて欲しいってお願いして
            おいたよ〜
            それから旅人さんとの写真も入れて置いたから・・・
            とても幸せそうなお顔してた!!
            やっぱり気付いてくれたらメールがほしいなぁ〜

おわりに・・・

            それにしてもこの私という母親のために生きて
            くれたような気がしてならないのです。
            私は早苗を一生懸命に育てた事で、本当に
            いろいろな事を勉強させてもらいました。
            苦労も確かにあったけれど それ以上に喜びと
            楽しさがありました。

            私自身もおかげで成長する事が出来ました。
            今になってこうして考えて見ますと本当に
            20年間子育てを楽しませてくれて有り難う、
            お礼を言いたいと思います。♪

            有り難う!早苗ちゃん。そして ごめんね!
            早苗ちゃん。お母さんはもう一度、母子に
              成りたいと願っています♪♪
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








「ページご覧下さいまして有り難う御座います
もし宜しければ書き込んで下されば、早苗共々とても嬉しいです♪」
 
 
 
 

前のページへ] トップへ] [アコちゃんの掲示板へ]